相続,建設業許可なら,茨城県つくば市の森木行政書士事務所へ。無料相談実施中。

NPO助成金申請代行サービス


 NPO法人設立後は、法人を運営していくための資金をいかに獲得していくかが、
 重要な課題となってきます。

 NPO法人の資金調達方法、以下のようなものとなるでしょう。

 【会 費】  
  一般的なNPO法人にとっては、 正会員や賛助会員からの会費収入が資金源
 の大きな柱となります。
 会員から継続的に払われる会費は、他の資金とは異なり安定した収入源の一つ
 であり、使い方に限定がなく自由度が高い収入です。
 そのNPOの理念(ミッション)に共感して、会員として加わってくれる人たちを拡大
 する努力が継続的に重要となります。

 【寄付金】
 定期的に入ってくるものではなく、活動の趣旨や特定の事業に賛同した人たちから
 提供される金銭や物資です。
 そのNPOそのものの趣旨に対しての寄附金ならば、使い途が限定されることはな
 いですが、特定の事業や活動などを指定されて受けた寄附金は使い途が限られて
 きます。

 【補助金】
 補助金は、国や地方自治体が、NPOなどの団体や個人が行う特定の事業などに
 対して支援する目的で提供されるものであり、その支援に全く見返りを求めないも
 のや、広い意味で、NPOに特定の事業を任す対価(いわゆる事業委託)としての
 支援金の性格を有するものなどがあります。

 【収益活動による事業収入】
 そのNPOの主たる活動の目的を達成するための手助けとなるような活動で得た
 収入です。
 具体的には、物品を販売した対価や、サービスの提供で得た対価、労力を提供
 して得た対価な どを指します。
 非営利法人であるからこれらを行なってはならないわけではなく、これからの本当
 の意味で、財政基盤の確立した独立したNPOになっていくためには、重要な活動
 になります。

 【助成金】
 助成金とは、活動事業や管理面などを支援するために提供されるもので、助成金
 支援団体が、その意義を認めた活動・事業の遂行の手助けとして資金を提供する
 ものです。
 そのほとんどは、申請した団体からの書類等により、一定の審査を行って助成が
 決定されます。
 近年、NPOを対象にした助成金の種類・数とも増大してきておりますが、申請する
 団体も増加しており、獲得競争が激しくなっています。
 設立直後のNPO法人が助成金に頼るのは、安定的な収入を図るという意味から
 すれば問題なしとは言えないかもしれませんが、活動内容を拡大していく過程で
 は、助成金は大きな助けになるでしょう。
  
 

 森木行政書士事務所では、随時実施される国や各地方団体、各種援助団体
 からの情報を、今後、当HP等にて提供し、助成金申請サポート・サービスを
 行います。


  お気軽にお問合わせください。
                       


 お問合わせ: 029-850-6004
 森木行政書士事務所の安心納得!無料相談