相続,建設業許可なら,茨城県つくば市の森木行政書士事務所へ。無料相談実施中。

相続方法の決定

 
 相続には、3種類の相続方法があります。

単純承認 プラスの財産もマイナスの財産(債務)も、全て無条件で
相続する。
限定承認 プラスの財産とマイナスの財産を相殺し、プラスであれば
そのプラス分のみを相続する。マイナスの場合は相続しない。
相続放棄 財産や借金を引き継ぐ権利のある相続人が、それら財産や
借金の一切を引き継がないと宣言すること。


 どの相続方法を選ぶかは、相続開始を知った時から3ヶ月の熟慮期間内に
 決めなければなりません。
 
 このヶ月以内に何の意思も示さない場合は単純承認したことになります。
 また、この熟慮期間内に相続財産の一部でも処分や私的に消費をすると
 単純承認したととなります。

 相続放棄は、相続人それぞれが個別にすることができます。
 しかし、限定承認は相続人全員一致の合意が必要です。
 
 相続放棄も限定承認も相続人の間で意思表示するだけでは足らず、
 家庭裁判所に申述書を提出する必要があります。

 亡くなられた方の財産に、多大なローンや借り入れがあった場合には、
 3ヶ月以内であれば、相続放棄が可能な場合もあります。
 また、相続を知った時に限らず、場合によってはマイナスの財産がある
 ことを知った時から3ヶ月以内
であれば相続放棄が可能な場合があります


 これについては、個別の事案ですので、無料相談のお問合せを下さい。
 

お気軽にお問合わせください。
                                
                    

 お問合わせ: 029-850-6004
 森木行政書士事務所の安心納得!無料相談