相続,建設業許可なら,茨城県つくば市の森木行政書士事務所へ。無料相談実施中。

相続手続の流れ


 相続とは、 人(典型的な例では親で、「被相続人」と称します)が亡くなった後に、
 その人が持っていた不動産や預貯金等の財産や借金などの負債(債務)が、
 法律及び遺言書等によって、指定された人(配偶者や子供等で、「相続人」と称し
 ます)に引き継がれることをいいます。
  
  相続は、被相続人の死亡によって、被相続人の住所で開始します
         ↓
  死亡届の提出 (市区町村役場へ死亡後7日以内、医師の死亡診断書等)
         ↓
  遺言書の有無の確認
    ※ 自筆遺言証書・秘密遺言証書がある場合は家庭裁判所へ提出し検認
      を受けてから開封します。
         ↓
  相続人代表を決定 (「遺言執行者」が遺言書で指名されている場合は、その人) 
         ↓ 
  相続財産・債務の概要を調査 (「相続財産目録」を作成する)
         ↓
  相続人の把握 (被相続人の戸籍を取り寄せ、「相続関係図」を作成する)
         ↓ 
  単純承認・限定承認・相続放棄をするか否かを決定する
     ※ 限定承認・相続放棄をする場合は、相続があったことを知って日から
       3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません。   
         ↓
  被相続人の所得税の申告・納付 (4ヶ月以内)
         ↓
  遺産分割の協議をし、「遺産分割協議書」を作成する
           ↓
  各相続人の相続財産額が確定
           ↓
  相続税の申告・納付 (10ヶ月以内) 
    ※ 相続税の基礎控除額を超えた相続をした人が対象
           ↓
    各財産の名義変更手続 (土地・建物等の不動産・自動車等の動産・預貯金
                  有価証券等)
           ↓
   所有権移転登記・登録手続(土地・建物・自動車等)



お気軽にお問合わせください。
                                
                    

 お問合わせ: 029-850-6004
 森木行政書士事務所の安心納得!無料相談